Category Archives: 03-第3回研究会の記録 - Page 2

03-03 当施設における口腔ケア・口腔機能向上が目指すもの

PDFで見る

PDFで見る

03-03 当施設における口腔ケア・口腔機能向上が目指すもの

社会福祉法人 桐生市社会福祉協議会 桐生市川内デイサービスセンター
○大塚 徹

当センターでは約2年半前から,桐生市歯科医師会様,群馬県歯科衛生士会様のご協力のもと,ご利用者様への口腔ケア及び口腔機能向上の支援を行っています。主な実施内容は,歯科衛生士さんによる定期的な口腔ケア指導を始め,日々の歯磨きや口腔体操,月1~2回のアセスメント等となっています。開始当初は,あまり乗り気でない方もいらっしゃいましたが,今ではセンターでの当たり前の風景となっています。

口腔ケアや口腔機能向上は,お口の健康だけでなく,全身の健康につながると言われています。また,一方で私達デイサービスの職員は,ご利用者様に,その方の能力に応じた,自立した在宅生活を送って頂けるよう,ADLやQOLの向上の支援を行っています。そのため,当センターの口腔ケア・口腔機能向上は,歯磨きそのものを上手に行って頂くことともに,「食べる・しゃべる・呼吸をする」機能の向上の支援に重点を置き,そのことにより,ご利用者様に少しでも生活の質を高めて頂くことを目的としています。

昨年11月に,めでたく100歳の誕生日を迎えられたご利用者様がいらっしゃいます(Tさん・女性)。昔から無口な方だそうで,あまり感情も表に出さない方です。また,(決して清潔感がないのではありませんが)身だしなみ等にあまり関心も示しません。更に,年齢の割に自立度が高いため,あまりご家族も積極的には介護を行っていらっしゃいません。このTさんに,当センターでの口腔ケア・口腔機能向上の支援を通してある変化が見られました。私達が口腔ケア・口腔機能向上を行うにあたって目指す,一つの指標となったともいえるTさんの事例を紹介します。

03-04 要介護高齢者と歯科衛生士 ~介護現場での対応~

80Megあります

80Megあります

03-04 要介護高齢者と歯科衛生士 ~介護現場での対応~

NPO法人群馬県歯科衛生士会,特別養護老人ホーム サンライズさかいの
○新井喜代子

口腔の健康は身体が健康なときにはセルフケアを中心に維持される。しかし,要介護者の場合には,疾病,身体の障害あるいは認知症などによりケアが行ないにくい状態にある。このため口腔機能の低下,感染症などさまざまな問題を抱えている。

要介護高齢者に行なう口腔ケアの効果については,口腔疾患の予防,あるいは誤嚥性肺炎など呼吸器感染症の予防,摂食・嚥下障害の軽減による栄養状態の改善,意識レベルの改善,さらには全身の健康や社会性の回復にもつながる。そのため,看護,介護職の間でも口腔ケアへの関心が高まり,取り組みも行なわれている。このような状況の中,歯科保健担当者として歯科衛生士が行なう口腔ケアについては,口腔状態と全身状態とを考慮した質の高い,また科学的根拠(EBM)に基づいた〔専門性〕が求められている。

施設内での口腔ケアの重要性に対する認識は深まってきているが,施設職員の口腔ケアに対する取り組みには知識や技術のばらつきがある。施設入所者の口腔状態・介護現場でのヒヤリハット等をもとに紹介する。

03-05 NSTが歯科医に望むこと

PDFで見る

PDFで見る

03-05 NSTが歯科医に望むこと

恵愛堂病院 栄養課1),同 看護部2),同 外科3)
○狩野彰子1),長澤玲子1),高橋みゆき2),大石あきこ3),吉田容行3),山内紀子3),倉澤眞未3),上出剛史3),山田 勲3),東郷庸史3)

<目的>NSTが介入していく中で,経口・経腸栄養への移行は望ましいとされている。しかし,入院患者の高齢化が進む中でNST介入理由とは別に,口腔内トラブルを抱えている患者が多いのが現状である。そこで,昨年9月よりNST回診時に歯科医の参加が始まり,NST介入患者を対象とした「口腔ケア回診」を開始した。現状での問題点や各病棟間での作業・意識の差などを明確化し,今後のNST活動に繋げて行くと共に,今後の介入方法を検討するためにアンケート調査を行った結果を報告する。

<方法>当院所属の準看護師以上(準看学生含む)の病棟職員と介護士を対象に,アンケートを配布し調査を行った。配布したアンケート用紙には,Ⅰ.口腔ケアへの興味はあるか,Ⅱ.現在,病棟で疑問に思っていること,困っていることはあるか,Ⅲ.現在の病棟での口腔ケア頻度,Ⅳ.病棟での口腔ケア手技について,Ⅴ.歯科医への依頼の有無,Ⅵ.依頼内容,Ⅶ.今後の希望・要望の質問項目を作成した。

<結果>口腔ケアへの興味・関心はあるという回答は約8割得られたが,その中で約半数が日常業務が忙しく口腔ケアが実施されていないということが分かった。各病棟間でのケア頻度では,約半数が「1~2回」の実施となりここでも日常業務の忙しさとの関係が考えられる結果となった。ケア手技では,「統一している」という回答が39%だったのに対して,「なんとなく実施している」が59%と前者を上回る結果となった。職員間での認識の差が,改めて明らかとなった。日常業務での疑問などは,様々あるものの,それが歯科医への依頼に直結していないことも分かり,依頼に関しては約1割に留まる結果となった。今後の要望として,口腔ケアに関する講習会の実施や口腔ケアの啓発啓蒙,口腔病変に対するアドバイスなどが挙げられた。

<考察>アンケートを通じ,看護職員が口腔ケア自体に対する興味・関心はあるものの,日々の業務に追われなかなか取り組めていないことが改めて明らかになった。そのため,手技統一や各職員間での周知徹底を図るため,歯科医監修のもと「口腔ケアマニュアル」を作成し配布を検討している。また,口腔ケアに関する研修会などの計画が必要であり,NSTチームとして啓蒙活動を継続して行くことが大切であると考える