Author Archives: shiozaki - Page 26

01-07 口腔外科との連携で変わった当院の口腔ケア(療養病棟における事例)

01-07 口腔外科との連携で変わった当院の口腔ケア(療養病棟における事例)

全仁会高木病院 看護部1),同 口腔外科2)
○片山昌枝1),岩松節子1),川田あけみ1),宮田弘子1),金丸真奈美1),小野恵美子1),
友野知江子1),鈴木 円2)

歯磨き・うがいなどといった日常的な行為も,入院という環境の変化によっては影響を受けやすくなる。原因として考えられるのは,入院の原因となった原疾患の治療が最優先と考えられやすく,看護師による口腔ケアは後回しになりやすい。その為に,初期治療を終えた患者さんの中には,入れ歯の不適合や歯肉の炎症の悪化により食事摂取量の低下を招くことがあり,それ以外にも口臭などにより同室者との関係が悪化してしまったという院内の報告もある。
看護師は,毎日のケアを通じて,早期に異常を発見できる立場にあるが,原疾患の病状によっては十分に行き届いた口腔ケアが出来ていない状況があり,口腔内の異常については後手に回りがちであった。しかし,当院では平成20年1月21日に口腔外科が開設され,現在は,口腔内のトラブルに対し早期に対応が可能となった。また,歯科衛生士から専門的な指導を受け,手順・手技の統一を図り,定期的な評価を受けることで,日々のケアの充実が図れるようになってきた。
今回は,当院療養病棟入院中に看護師の行う口腔ケアから発見され,口腔外科との連携により治癒に至った顎口腔領域の疾患を生じた症例を報告するとともに,歯科医師や歯科衛生士との連携により従来行っていた口腔ケアから変わった点などを報告する。

01-99【特別講演】口腔ケアに必要な口腔領域顎顔面疾患の基礎知識

01-99 特別講演
口腔ケアに必要な口腔領域顎顔面疾患の基礎知識

 明海大学歯学部病態診断治療学講座口腔顎顔面外科第2分野
 教授 坂下英明

Ⅰ口腔ケアの基礎知識
1)歯から口腔全体へそして全身に
2)口腔の機能
 咀嚼、摂食・嚥下、発音(構音)
3)口腔ケアの全身への影響
 精神的援助・嚥下性肺炎の予防
 化学療法や放射線療法の副作用の軽減
 プレエンジェルケア
4)咽頭での呼吸器系と消化器系の交叉
5)咽頭の区分
6)鼻咽腔閉鎖不全
7)歯周病やデンタルインプラント治療と口腔ケアとの相違
8)口腔ケアの意義・目的
 器質的口腔ケア、機能的口腔ケア
9)実施時点別の口腔ケア
10) 終末期の口腔ケア
11) 「食べたら磨く」
  →「食べなくても磨く」が原則 
12) 全身状態が悪い時の口腔ケア
→体調不良の時こそ口腔ケアが必要
13) 義歯性口内炎は歯科医の恥
14) 舌が義歯をサポートする
15) 鼻咽腔閉鎖と嚥下機能
16) 嚥下の4相
17) 口腔体操
NHKテレビラジオ体操2004
NHKテレビ「ラジオ体操・みんなの体操」
18) 要介護状態と口腔の変化
19) カンジダ(酵母型と菌糸型)
カンジダは変身する
酵母型 粘膜に定着しない
菌糸型 粘膜に菌糸をもぐりこませる
20) 唾液の機能
21) 嚥下の頻度
22) 口腔乾燥に関連した口腔症状
23) 口腔乾燥症における評価
24) 口腔乾燥の原因
25) 副作用として口渇があげられている薬剤
26) 口腔ケアグッズ
27) 保湿剤
28) 洗口剤

Ⅱ 口腔ケアに必要な口腔領域顎顔面の疾患の基礎知識
1)口唇
 (1)良性腫瘍
 (2)(単純性)ヘルペス性口唇炎
 (3)下口唇扁平上皮癌
 (4)肉芽腫性口唇炎
 (5)梅毒性潰瘍
2)舌
 (1)褥創性(外傷性)潰瘍
 (2)舌扁桃と舌扁桃炎
 (3)溝状舌
 (4)地図状舌
 (5)正中菱形舌炎
 (6)黒毛舌
 (7)(赤い)萎縮舌:平滑舌
 (8)(急性偽膜性、粘膜表在性)
 (9)鉄欠乏性貧血での平滑舌
(10) Peutz-Jeghers症候群
(11) 良性腫瘍
(12) 血管腫と舌リンパ(血管)管腫
(13) 舌癌
(14) 舌甲状腺
(15) 舌刺創
3) 歯肉
(1) 歯肉癌
(2) 悪性リンパ腫
(3) 帯状疱疹
4) 歯槽
 (1) 外骨症
(2) 紅板症
(3) 唾液腺肥大
(4) エプーリス
(5) 骨内悪性リンパ腫
(6) 口腔内転移性癌
(7) 白板症
(8) 結核性潰瘍
(9) 辺縁性エナメル上皮腫
(10) 線維形成性エナメル上皮腫
(11) インプラントと歯肉癌
5) 頬粘膜
(1) 口腔扁平苔癬
(2) 頬小帯付着異常
(3) Fordyce斑
(4) 肥厚性カンジダ症
(5) 色素性母斑
(6) 紅板症
(7) 良性腫瘍
(8) 類表皮嚢胞
(9) Langerhans細胞型組織球腫症
(10) 頬粘膜癌
6)口蓋
(1) 壊死性唾液腺異形成症
(2) 類天疱瘡
(3) 水疱性血腫
(4) ヘルペス性口内炎
(5) 白板症
(6) アレルギー性口内炎
(7) 口腔カンジダ症
(8) 良性腫瘍
(9) 口蓋癌
(10) 悪性黒色腫
(11) 血管内皮腫
(12) 節外性悪性リンパ腫
7) 口底
(1) ガマ腫(ラヌーラ)
(2) 脂肪腫
(3) 口腔リンパ上皮性嚢胞
(4) 類皮嚢胞
(5) 口底癌
8) 顎骨
 慢性下顎骨骨髄炎
9) 上顎洞
(1) 術後性上顎嚢胞
(2) 歯性副鼻腔炎
(3) 上顎洞癌
10) 唾液腺
(1) 耳下腺唾石症
(2) 小唾液腺唾石症
(3) 化膿性耳下腺炎
(4) 多形腺腫(耳下腺・顎下腺)
(5) 舌下腺腺癌
(6) 血管肉腫
11) 頸部
(1) 歯性扁桃周囲膿瘍
(2) 悪性リンパ腫
(3) 結核性頸部リンパ節炎
(4) オトガイ下型類表皮嚢胞
(5) ガス産生菌感染症
(6) 帯状疱疹
(7) Ramsay-Hunt症候群
最後に)
こんな状態に注意して
色調の変化、形態の変化、疼痛・腫脹
 2週間以上で治癒傾向のない潰瘍

口腔内に興味を持とう
—歯ブラシには愛がこもるー

桐生地区口腔ケア研究会発足(原稿)

桐生地区口腔ケア研究会発足

文責  桐生市歯科医師会  小林 司
近年皆様方もご存知のとおり、口腔ケアの重要性については、歯科のみならず、医科、各種施設、在宅療養を問わず認識されてきております。しかしながら、各施設、医療機関が独立して口腔ケアを行っている現状では各々の手法や方向性、レベルがバラバラで温度差があるのも事実です。また、口腔ケアの重要性は認識しつつも具体的な対処法がわからず、独学で行っている施設も少なくないように思います。一方で地域連携の重要性が叫ばれて久しいものの、口腔ケアの分野では多くの職種が関わるせいか、特に桐生地域においては、これまでのところ良い連携が取れているとは言い難い状況でした。とりわけ桐生地域の高齢化率も県内でも上位になっており早急の地域連携が必要となっております。

それに伴いこの度、桐生地区においては、口腔ケアに携わる関係者の研究促進、人的交流および普及を目的として『桐生地区口腔ケア研究会』を発足する運びとなりました。
まず、この会の円滑な運営を図るために世話人会を設立し、代表世話人に桐生市歯科医師会の塩崎泰雄会長に、世話人会のメンバーには、桐生市歯科医師会、桐生市医師会、歯科衛生士会、薬剤師会、栄養士会、桐生厚生病院、東郷会恵愛堂病院、全仁会高木病院、介護施設職員、桐生市社会福祉協議会など多種の医療、医療関連従事者にお願いいたしました。事業としては、年2回の学術集会の開催(教育講演および一般演題の発表、討議)、不定期の勉強会の開催としております。事務局は、医療法人社団全仁会高木病院地域連携室内に置き、事務局長を口腔外科の鈴木円先生、監事には、桐生市医師会の北川洋会長にお願いいたしました。

第一回桐生地区口腔ケア研究会が、平成22年2月20日(土)の午後三時よりプリオパレス桐生において行われました。当日は、ヤンセンファーマ株式会社、ティーアンドケー株式会社、株式会社クリニコにも共催いただき一般口演7題、特別講演「口腔ケアに必要な口腔領域顎顔面疾患の基礎知識」と題しまして明海大学歯学部病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学第2分野 坂下英明教授にお願いし学術集会を行い、終了後交流の場としての情報交換会が隣接会場にて行われました。なお、当日の参加人数は、137名で情報交換会にも半数以上の方々に参加していただき非常に盛況であり、第一回目としては、ネットワーク作りの場としては、大成功であったように思われます。これから、またステッアップして二回三回と続けて行きたいと思います。なお、今回の口腔ケア研究会の発足により桐生市歯科医師会のメンバー自体の口腔ケアの研究促進をするために口腔ケア検討委員会を同時に立ち上げました。

今後の予定ですが、第二回桐生地区口腔ケア研究会は、第一回目と同様、一般口演を数題募り、特別講演には、日本大学歯学部摂食機能療法学講座 植田耕一郎教授にお願いし平成22年7月31日(土)の午後3時より桐生市市民文化会館4階にて行う予定です。

(平成22年・群馬県歯科医師会雑誌投稿文章)

口腔ケア投稿文小林司のPDFを見る