04-03-キウイフルーツを用いた口腔ケアの有用性に関する研究

04-03-キウイフルーツを用いた口腔ケアの有用性に関する研究

全仁会高木病院 1看護部(歯科衛生士),2栄養科,3口腔外科
○金丸真奈美1,根岸恵美子1,日永道子1,仲澤朱実2,村松純子2,櫻井理恵2,鈴木 円3

口腔内には舌苔や剥離上皮,乾燥痰などの汚れが存在するが,その除去には困難を伴うことが少なくない。舌苔を除去する方法としては,舌ブラシなど専用の器具を用いた機械的清掃がほとんどである。

しかし,舌背の疼痛閾値はかなり高いため,刺激に対して鋭敏でなく,また粘膜組織であることから機械的刺激には脆弱で,過度の機械的刺激による損傷の危険が指摘されている。われわれはその汚れがタンパク質からなることに着目し,酵素を用いた化学的清掃の可能性について検討し,プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の一つであるアクチニジンを含むキウイフルーツを用いた口腔ケアの可能性について研究し,若干の知見を得たので報告する。

基礎実験とし,キウイフルーツと同じくプロテアーゼの一つであるブロメラインを含むパイナップルを用いてタンパク質溶解性の実験を行った。その結果,すりおろしたキウイフルーツが最もその効果が大きいことが示された。また,アクチニジンはキウイフルーツの外果皮や内果皮に豊富に存在し,果心部では少ないため,果心部を避けて使用すべきと思われた。

続いて,舌苔付着の多い患者3例の専門的口腔ケアにすりおろしたキウイフルーツをガーゼに包んで用いたところ,全例で従来法に比べ,遜色なく除去できた。さらに,舌苔以外の口腔内付着物(口蓋の剥離上皮や乾燥痰)の除去にも用いたところ,やはり除去は容易であった。また,副次的な効果として,唾液分泌量が増し,口腔乾燥が軽減した症例もあった。以上のことより,口腔ケアにおけるキウイフルーツ使用の有用性が示唆された。

キウイフルーツは安価で調理もしやすく,食品であるため安全性も高いことから口腔ケアに用いるに足る食材であると思われる。ただし,キウイフルーツは口腔アレルギー症候群を起こすことが知られているため,口腔ケア時に観察を怠らず,もし症状が出たときには直ちに使用を中止することが必要である。

Comments are closed.